小安峡温泉 秋仙(しゅうせん)

1DSCN1505.jpg

今回の旅の締めくくりは小安峡温泉にあるお宿秋仙。
前回は、帰り道に秋の宮温泉に寄ってきたが、今回は小安峡温泉経由で帰ることにした。

1DSCN1502.jpg

秋仙は、2階建ての新しいお宿。
女将さんの話しでは、岩手・宮城内陸地震で建物が傾いてしまい、土地を購入して新築したとのこと。
以前の宿は、道路の向かい側にあり、現在は露天風呂だけが残っている。

2DSCN1474.jpg

玄関から中に入ると帳場で女将さんが出迎えてくれる。
女将さんはとても親切な方で、わざわざお風呂場まで案内し、湯加減をみてくれる。
お湯の表面がとても熱くなっているので、加水用の蛇口を捻ってくれた。

2DSCN1472.jpg

小さな宿ながら、男女別のお風呂がある。

3DSCN1442.jpg

脱衣所は家庭的な感じ。
清掃が行き届いていて気持ちよく利用することができる。

3DSCN1441.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

4DSCN1469.jpg

浴室には2人サイズの小さな浴槽がある。

4DSCN1462.jpg

湯口からはかなり熱いお湯がチョロチョロと注がれている。
泉質は、ナトリウム‐塩化物・硫酸塩泉。
MT泉で特別な匂いは感じられないが、お湯の鮮度は抜群。

4DSCN1461.jpg

源泉温度が高いためにチョロ出しだが、どうしても表面温度は高くなる。
そんなときには加水用の蛇口を捻れば、湯口から水が噴き出す。
手足を使ってお湯をかき混ぜながら湯加減を調節してお湯に浸かることができる。

4DSCN1460.jpg

浴槽が小さいのでザブンとお湯に浸かると、浴槽の縁から大量にお湯が溢れ、床は大洪水状態になる。

4DSCN1458.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

内湯の後は、道路を渡って露天風呂に向かう。

5DSCN1499.jpg

以前の宿の面影はほとんど見当たらない。

5DSCN1496.jpg

湯小屋に入ると左右に脱衣所がある。

5DSCN1479.jpg

岩造りの浴槽は5人サイズ。
眼下には川が流れ、その向こうには山が見える。
素晴らしい景色を眺めながら、至福の時を過ごす。
そして、ラッキーなことにアブは1匹も現れず。

5DSCN1480.jpg

浴槽は、右側が浅く、左側の奥は深くて立ち湯になっている。

5DSCN1484.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。

5DSCN1491.jpg

溢れたお湯は、岩の隙間から外に流れ出している。

秋仙は、お湯がとても素晴らしく、女将さんのお人柄がとてもよいと感じた。
いつか泊まってみたい宿の一つとなった。

訪問日:2016.8.9

秋仙
場所 湯沢市皆瀬字小湯ノ上20-5
料金 500円
時間 要確認
電話 0183-47-5800



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter