けんちゃんち

1DSCN4224.jpg

今日の仙台は12月としては暖かく、快晴のいい天気。
目指す温泉は青根の名号館だが、ドライブを兼ねていつもとは違うルートをとった。
青根や遠刈田に行くときには、国道286号線で山形方面に向かい、途中から宮城蔵王に向かうことが多い。
しかし、今日は国道4号線を南下して名取から県道26号線で峠越えをして村田町に抜けていった。
その途中で「営業中」の幟をたまたま見つけ、お腹も空いていたことから、とりあえず店に入ってみることにした。

1DSCN4225.jpg

「けんちゃんち」は、県道から少しだけ外れており、店があることに気づかずに通り過ぎてしまいそうなところにある。
農家の母屋の隣に建てられた別棟がお店になっていて、駐車場から少しだけ坂を登ったところにお店がある。
到着すると、お店のご主人が戸を開けて出迎えてくれる。

2DSCN4229.jpg

お店は狭く、大きなテーブル1つと小さなテーブル1つのみ。
10名程度のお客さんで満席になりそう。
お店のご主人はとても気さくな方で、いろいろな話をしてくれた。
普段は農家をしていて、週末だけ営業している。
今年収穫したひとめぼれが県で1位をとった。
そばは自家栽培で、その日の朝に挽いている十割そば。
ビニールハウスでミニトマトの収穫体験もできる。
そんな話を伺いながら料理ができるのを待つ。

2DSCN4230.jpg

メニューはとってもシンプル。
私も連れも、もりそばと塩むすびを注文。

3DSCN4228.jpg

最初に運ばれてきたのは塩むすび。
お米の甘みと香りが抜群に良い。
美味しい新米を堪能することができた。
これは超お薦め。

3DSCN4234.jpg

続いて出されたのが、辛み大根。
自分でおろして蕎麦の薬味とする。

3DSCN4236.jpg

もりそばには、自家製の漬物と小鉢がつく。
そばは、新蕎麦の香りが感じられる。
適度なコシがあり、食感はなめらか。
たれは少し濃いめで、出汁がよく効いている。
小鉢は大根と厚揚げの煮物、漬物は大根ときゅうりの浅漬け。
どれも美味しくいただく。

偶然に見つけた蕎麦屋さんだったが、大満足。
帰り際に、新米を3合買ってきたので食べるのが楽しみ。
またいつか行ってみようと思う。

けんちゃんち
場所 村田町大字小泉字北姥ヶ懐45
時間 11:00~15:00
営業 土日のみ


スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
このおそば屋さん、まったく知りませんでした。
最近出来たのかしら。
お米も気になるし、
千寿庵の近くなのかな?調べてみます。

新しい情報ありがとうございました。

Re: No title

おんせんたまごさんへ

けんちゃんちは、千寿庵のすぐ近くにあります。
県道から千寿庵の方に入ったらそのまま道なりに行くと見つかると思います。
今回は名取の方から峠越えで行ってみましたが、道路が狭くて坂が多いので、あまりお勧めできません。
普通に村田の街の方から行った方がいいと思います。
お米を3合買って家で炊いてみましたが、とっても美味しかったですよ。
升で量ってくれますが、大盛にしてくれるので、実際には4合ぐらいありました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter