早稲田桟敷湯(再訪)

1DSCN4762.jpg

新年明けましておめでとうございます。
今年も湯巡りするぞ~!

今年の第1湯は、鳴子温泉の早稲田桟敷湯。
約3年ぶりの訪問。

1DSCN4788.jpg

鳴子到着時、あいにくの小雨模様。
湯巡り駐車場に車を停めて、早稲田桟敷湯に向かう。
徒歩で1分程度の距離。
早稲田桟敷湯はクリーム色の建物なので、よく目立つ。

1DSCN4786.jpg

建物中央の細長い通路を奥に進む。
途中、風呂から上がって帰る人たちとすれ違う。
元旦から温泉に入る、温泉好きの人がいることを嬉しく思う。

2DSCN4783.jpg

案内板のところから左に進む。
冬場は扉が閉まっているようなので、扉を開けて急な階段を下る。

2DSCN4779.jpg

貸切露天風呂に入るつもりで行ったが、残念ながら今日は貸切はやっていない。
受付のお姉さんに理由を尋ねると、先日の大風で露天風呂の上部にある雨樋が壊れ、修理がまだとのこと。
気を取り直して、券売機で入浴券を購入して入館。
貴重品の保管は、鍵付きの靴箱を利用。
なお、この施設では、一度入浴した後、階段の上にある休憩所で休んでもう一度入ることができる。
そのときには、再入浴券を発行してくれる。

3DSCN4765.jpg

脱衣所はそこそこの広さがある。
温泉熱を利用した床暖房になっていて快適。

3DSCN4764.jpg

洗面台はあるが、ドライヤーは備えられていない。

4DSCN4767.jpg

浴室に入ると、硫黄臭が感じられる。
時季柄、室内は湯気で煙っている。
写真が不鮮明なので、前回訪問時の記事を見てほしい。
浴槽は2つある。
左側の浴槽は深く、お湯は熱めで、5人程度が入れる広さ。
右側は適温で、10人程度のサイズ。

4DSCN4770.jpg

湯口は3箇所あり、木の樋からお湯が投入されている。
お湯はいったん細長い湯溜めに入り、少しずつ浴槽に落ちていく。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯。
白い湯の花がチラチラと舞っている。

4DSCN4774.jpg

湯使いは循環・掛け流しの併用。
消毒ありとなっているが、塩素臭はまったく感じられない。

4DSCN4775.jpg

洗い場は8箇所あり、シャワー付きのカランが設置されている。
ボディシャンプーのみ置かれているので、髪を洗うときにはシャンプー等持参。

元旦にも関わらず、お客さんが絶えることはなかった。
滝の湯が無料なので惹かれたが、激混みになると予想して早稲田桟敷湯に行くことにした。
新年の第1湯を飾るのに相応しいお湯だった。

鳴子温泉 早稲田桟敷湯
場所 大崎市鳴子温泉字新屋敷124-1
料金 大人540円 子供320円
時間 9:00~21:30
貸切露天風呂は1000円(50分)



スポンサーサイト

コメント

明けましておめでとうございます

昨年も、色々な温泉をご紹介頂きありがとうございました。
いつも参考にさせて頂いております。

本年も、宜しくお願い致します。

Re: 明けましておめでとうございます

右肩さんへ

新年、明けましておめでとうございます。
今年も、あちこちの温泉地を巡ってレポしたいとおもいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

frapapaさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
初湯は早稲田桟敷湯でしたかー。
私はここを2016年の締めとしました。
ここのお湯はほんのり卵臭で好きです。

今年も健康と安全運転に注意して
どんどん湯巡りしましょう。
さあ、初湯に行くぞ〜。

Re: タイトルなし

デビャさんへ

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
たくさん湯巡りできる1年になるといいですね。

早稲田桟敷湯から帰ってきてデビャさんのブログを拝見したところ、昨年の締めが同じ早稲田桟敷湯だったことが分かりました。
ここは、締めの湯や初湯に相応しいお湯だと思います。
独泉ではなかったもののあまり混んでいなかったのも良かったです。
貸切露天風呂は次回の楽しみとなりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter