東根温泉 ホテル来山荘

1DSCN5984.jpg

今日は、山形県の東根温泉ホテル来山荘に行ってきた。
ここの前の道路はよく通るが、入るのは初めて。

1DSCN5987.jpg

いつもひっそりとしているが、今日は玄関前の駐車スペースに2台車が停まっている。
一部2階建ての来山荘は、ホテルというよりは旅館といった感じのお宿。

2DSCN5979.jpg

玄関から中に入るがフロントにはだれもいない。
呼び鈴を鳴らしてしばらく待っていると、奥からご主人が出てきて対応してくれる。
「お風呂の場所は分かりますか?」と尋ねられ、「分かりません」と答えると、お風呂の場所を教えてくれる。

2DSCN5969.jpg

教えられた通りにどんどん奥に進むとお風呂に到着。
手前が男湯、奥が女湯となっている。

3DSCN5916.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、棚の他にはソファと椅子が置かれている。

3DSCN5918.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。
貴重品ボックス等はない。

4DSCN5949.jpg

浴室に入った瞬間に、モール系のアブラ臭と微タマゴ臭が感じられ嬉しくなる。
浴室には10人程度が入れる広さの浴槽がある。

4DSCN5932.jpg

湯口からはかなり熱いお湯が注がれている。
泉質は含硫黄-ナトリウム‐塩化物泉で、PHは7.6。
色は薄茶色で、白と茶色の大きな湯の花がユラユラと舞っている。
湯口付近では明確なタマゴ臭が感じられる。

4DSCN5933.jpg

湯口から注がれるお湯の一部は湯口下に設けられた樋でそのまま外に捨てられている。
この樋で湯温を調節しているようだ。

4DSCN5936.jpg

窓際の辺りからはオーバーフローが見られるが、お湯に浸かるとあちこちからお湯が溢れしていく。
気持ちの良い掛け流しで、お湯の通り道は析出物によって変色している。

4DSCN5957.jpg

湯温は高めだが、十分に掛け湯すれば入れる温度。
熱いお湯が苦手な人は、蛇口を捻って加水することもできるようになっている。

4DSCN5922.jpg

こちらの洗い場は、シャワー・シャンプー類完備。
ただ、季節柄、シャワーがお湯になるにはしばらくかかる。

4DSCN5924.jpg

こちらの洗い場は、混合栓のみとなっている。

5DSCN5954.jpg

浴室の奥の扉を開けて外に出ると岩造りの露天風呂がある。
残念ながら、お湯が張られていない。
冬季のみなのか、年中なのかは不明。
もしかしたら、ご主人も女将さんもご高齢なので維持管理が難しいのかもしれない。

6DSCN5977.jpg

お風呂から上がってフロントに向かう途中にちょっとした休憩スペースがあり、待ち合わせに利用。
フロントの前にもテーブルがあるので、そちらを利用することもできる。

今日は、ラッキーなことに男湯も女湯も終始貸切状態。
熱いお湯にどっぷりと浸かって、1週間の疲れを癒すことができた。
帰りには、いつも立ち寄る壽屋で新酒を買ってきたので、この後飲むのが楽しみ。

ホテル来山荘
場所 東根市温泉町1-16-2
料金 500円
時間 要確認
電話 0237-42-0018



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter