高湯温泉 静心山荘(再訪)

1DSCN6015.jpg

今日は、福島県の高湯温泉にある静心山荘に行ってきた。
場所は、高湯のあったか湯を過ぎて少し行ったところから車1台がようやく通れる細道を入った突き当りにある。
道路沿いに看板があるが、雪に埋もれていて見つけられずに通り過ぎてしまい、気づいて戻る。

1DSCN6016.jpg

道路は除雪融雪されていてほぼ乾燥路面だが、山荘の周囲は雪がまだかなり積もっている。

2.jpg

玄関から中に入ると、すぐにムサシくんが出迎えてくれる。
ご主人の話しでは16歳になったとのこと。
静心山荘には約2年半ぶりの訪問となるが、ムサシくんが元気なのが嬉しい。
人懐こくて賢いスピッツで、ダイちゃんの匂いがするのか、しばらくわれわれの匂いを嗅いでいた。

2DSCN6072.jpg

ご主人に入浴料を渡して、お風呂へと向かう。

2DSCN6025.jpg

事務室脇の廊下を奥まで進み、ドアを開けて階段をひたすら登っていく。

3DSCN6030.jpg

階段とスロープを登り切ったところにお風呂がある。

3DSCN6033.jpg

脱衣所は棚のみのシンプルな造りとなっている。

3DSCN6035.jpg

壁には鏡が1つある。
窓からは屋根から伸びる大きなつららと雪景色を眺めることができる。

4DSCN6043.jpg

浴室には5人サイズの檜風呂がある。
浴槽の左側はトド寝のベストポイント。

4DSCN6059.jpg

木で囲われた奥に湯口がある。
泉質は、含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉(硫化水素型)で、PH2.7の酸性のお湯。
白くて細かな湯の花が無数に舞っており、お湯は白濁して見える。
湯温は少し温めのため、長湯できる。
実際かなり長湯したので、手はしわだらけになる。

4DSCN6049.jpg

溢れたお湯は排湯口から外に流れ出しているが、ザブンとお湯に浸かると、浴槽の縁からも一斉にお湯が溢れ出す。
お湯の通り道は温泉成分で白く変色している。

4DSCN6045.jpg

洗い場は1箇所のみ。
シャワー・シャンプー類完備で、お湯の出具合も良好。

今日は男女ともに終始貸切状態。
だれもいないお風呂で心静かにゆったりとお湯に浸かり、1週間の疲れを癒すことができた。
帰りにはまたムサシくんと触れ合って心も癒されて家路に着いた。

静心山荘
場所 福島市庭坂字湯花沢1-15
料金 400円
時間 10:00~15:00




スポンサーサイト

コメント

No title

frapapaさん、高湯温泉良いですねー。
行く途中は雪はありませんでしたか?
3月だというのに、こちら大崎や鳴子は毎日のように雪がちらついて、ちょっと怖くて遠出しないで今週末は過ごしました。

静心山荘はその名の通り静かに落ち着けるし、お湯も長湯に適しているので好きです。
いいですね、今頃frapapaさんは芳ばしい硫黄臭プンプンですね。

Re: No title

デビャさんへ

高湯には久しぶりに出かけました。
静心山荘は、本当に落ち着けるお宿ですし、ムサシくんに会えるのも楽しみです。
今日の午前中は仕事でしたが、体のあちこちから硫黄臭がプンプンで、匂いを嗅ぎながらうっとりしていました。
道路は、ここ数日は雪が降らなかったようで、ほとんど乾燥路面なので走りやすかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter