那須湯本温泉 小鹿の湯

1DSCN6362.jpg

新甲子温泉を後にして、栃木県の那須湯本温泉に向かう。
今回訪問したのは、小鹿の湯。

1DSCN6367.jpg

小鹿の湯は、はなやホテルの駐車場と建物の間にある石段を下ったところにある。

2DSCN6357.jpg

受付は、階段を降りたところにある。
受付では、タオルやシャンプー類なども売っているので、手ぶらでも大丈夫。

2DSCN6361.jpg

お風呂は男女別の内湯とそれぞれに露天風呂がある。
貴重品ロッカーは大200円、小100円で有料。

3DSCN6319.jpg

脱衣所は細長い造りで、奥には洗面所とトイレがある。

6DSCN6347.jpg

浴室には浴槽が2つある。
右側の浴槽には高温、左側には中温と表示されている。
高温湯は4人サイズで、湯温は45℃ぐらい。長湯はできないが、熱くて入れないというほどではない。
中温湯は6人サイズで、湯温は42℃ぐらいで適温。

3DSCN6336.jpg

2つの浴槽の境目に湯口があり、両方にお湯が注がれている。
泉質は、硫黄泉(硫化水素型)で、PH2.6の酸性泉。
鹿の湯源泉と行人源泉の混合泉。
薄っすらと白濁したお湯からは強烈な硫黄臭が感じられる。

3DSCN6338.jpg

浴槽があまり大きくないので、お湯に浸かると浴槽の縁から一斉にお湯が溢れ出す。

3DSCN6351.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー付きの混合栓が備えられている。
シャンプー類は置かれていない。
浴槽も含めて湯小屋全体に木材がふんだんに使われていて風情が感じられる。
また、硫化水素対策で換気もしっかりと行われている。

4DSCN6345.jpg

浴室のドアから外に出ると露天風呂がある。

4DSCN6322.jpg

浴槽は小さくて2人サイズ。
周囲を塀で囲われているので、景色は望めない。

4DSCN6325.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。

4DSCN6327.jpg

浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出しているが、ザブンとお湯に浸かると浴槽の縁から一斉にお湯が溢れ出す。

最初のうちは大学生2人と一緒だったが、彼らが出てからは最後まで独泉状態。
湯小屋の雰囲気がよく、お湯も最高に素晴らしかった。
鹿の湯は人が多いので、のんびりとしたいときには小鹿の湯がいいかもしれない。

訪問日:2017年3月18日

小鹿の湯
場所 那須町湯本77
料金 平日400円 祝土日500円
時間 9:00~21:00 露天風呂は19:00まで



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter