湯沢共同浴場

1DSCN7417.jpg

今日は、新潟県の岩船郡関川村にある湯沢温泉の共同浴場に行ってきた。
村上市にある瀬波温泉には以前何度か行ったことがあるが、本ブログでは新潟県は初登場となる。
関川村には、山形県の南陽市と新潟県の村上市を結ぶ国道113号線で向かう。
県境の小国峠を越えて車で30分ほど行ったあたり。

1DSCN7361.jpg

国道113号線から分かれて湯沢温泉に向かう途中、ちょうど桜が満開。
荒川の土手は見事な桜並木となっている。

1DSCN7367.jpg

湯沢共同浴場は、こじんまりした施設。
隣に村営の駐車場があり、車は5台程度停めることができる。

2DSCN7370.jpg

玄関から中に入ると、右側に入浴料を入れるところがある。
上は入浴券、下は現金を投入するようになっている。
入浴券を持っていないので、下の投入口に200円を入れる。

2DSCN7368.jpg

下駄箱に靴を入れて中に入る。

3DSCN7376.jpg

脱衣所はそこそこの広さがある。
棚と籠のみのシンプルな造り。

3DSCN7374.jpg

ベンチがあり、その上に扇風機がある。
入浴後はかなり汗をかいたので扇風機がありがたい。

4DSCN7390.jpg

浴室には、2人サイズの小さな浴槽がある。
常にオーバーフローしており、お湯の通り道は茶色に変色している。

4DSCN7404.jpg

壁のところにある湯口からのお湯は浴槽の下の方から注がれている。
泉質は、弱アルカリ性の単純泉。
うっすらと茶色がかっているが、ほぼ無色で透明。
匂いは、タマゴ臭。
肌に擦ると少しヌルッとした感じがする。
湯温は少し高め。
熱いお湯が苦手な人は、蛇口を捻って加水することができるようになっている。

4DSCN7407.jpg

浴槽が小さいのでお湯に浸かると、浴槽のあちらこちらからお湯が溢れ出す。

4DSCN7386.jpg

洗い場は2箇所で、シャワー付きのカランが設置されている。
カラン・シャワーのお湯は源泉で、タマゴ臭プンプン。
シャンプー類はないので、持参する必要がある。

帰り際に2人入ってきたが、それまではずっと独泉で、のんびりと過ごすことができた。
源泉掛け流しの新鮮なお湯に満足して、次のお風呂に向かった。

湯沢共同浴場
場所 新潟県岩船郡関川村湯沢678-3
料金 200円
時間 6:00~18:00


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter