大湯温泉 花海(はなみ)館

今年のGWは、秋田・青森方面に2泊で出かけた。
主な行程は、初日の5月4日は秋田県鹿角市の大湯を経由して、十和田湖の畔にあるレークサイド山の家に宿泊。
2日目の5日は、青森県の八甲田温泉と黒石市の温湯に行き、山の家に宿泊。
最終日の6日は、再び大湯に行き、そこから帰路に着き、先ほど家に到着。
道中に6箇所の温泉施設に入ったので、今からボチボチとアップしようと思う。

1DSCN8160.jpg

今回の旅の最初の訪問地である大湯は、何度も通過しているが温泉に入るのは初めて。
そこで、まず観光案内所になっているこけし館に行ってみた。

1DSCN8163.jpg

こけし館は国道に面しているので、分かりやすい。
館内で大湯温泉の湯めぐりマップをいただく。
マップには、料金と営業時間、シャンプーや露天風呂の有無が記載されていて便利。

1DSCN8164.jpg

道路沿いに公衆トイレがあり、広い駐車場は湯巡り用に開放されている。
駐車場のない共同浴場には、ここに車を停めて歩いて行くようになっている。

2DSCN7670.jpg

さて、湯めぐりマップから選んだ宿は、花海館。
こちらは駐車場があるようなので、車で向かう。

2DSCN7716.jpg

宿の入口のところには古い建物が、奥には新しい建物がある。
車を停めて、奥の建物に向かう。

3DSCN7710.jpg

玄関から中に入り、日帰り入浴をお願いすると、女将さんからは、GW中でお客さんは多いが、今の時間ならいいですよと有り難いお言葉をいただく。

3DSCN7708.jpg

お風呂は帳場から右側の廊下を奥に進んだところにある。
手前が女湯、奥が男湯となっているが、男女の入れ替えがあると表示されている。

4DSCN7706.jpg

建物自体が新しいこともあり、脱衣所は広くてきれい。

4DSCN7694.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

5DSCN7689.jpg

浴室には、10人程度が入れる広さの岩風呂がある。

5DSCN7678.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム・塩化物泉で、PH8・0の弱アルカリ性のお湯。
無色透明のお湯はうっすらと塩味があり、匂いは一般的な温泉臭。

5DSCN7684.jpg

湯使いは、加温なし・加水なし・消毒なし・循環なしの源泉掛け流し。
岩の隙間からは溢れ出したお湯が排出口に向かって流れ出している。
湯温は少し高め。

5DSCN7682.jpg

洗い場は6箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN7691.jpg

シャワー・カランが少しかわっていて、温度調節ができないというより、適温に調整されたお湯が出てくるようになっている。
どちらからも温泉が出てくるので、頭からシャワーを浴びると全身が温泉に包まれ、とても心地が良い。

風呂から上がって帳場の辺りで連れを待っている間、女将さんといろいろなお話をすることができた。
お湯と湯使いに対してこだわりを持っていて、お客さんにはカラン・シャワーのお湯も楽しんでほしいとのこと。
熱い源泉と温めの源泉をミックスしてちょうどよい温度を保っていることなど、貴重な話を聞くことができた。

訪問日:2017年5月4日

大湯温泉 花海館
場所 鹿角市十和田大湯上の湯34-1
料金 大人500円 子供250円
時間 7:00~21:00


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter