温湯温泉 三浦屋旅館

1DSCN8054.jpg

八甲田温泉に1時間半ほど滞在し、少々湯疲れ気味ではあったが、次の訪問地である黒石市の温湯に向かった。
最初に訪問したのは三浦屋旅館。

1DSCN8056.jpg

場所は共同浴場の駐車場の向かい側。
三浦屋旅館は4階建ての立派な建物。

2DSCN8052.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付する。

2DSCN8049.jpg

お風呂は、フロントから廊下を奥に進んだところにある。

3DSCN8025.jpg

暖簾を潜ったところにちょっとした休憩スペースがあり、右側に女湯、左側の廊下を少し行ったところに男湯がある。

3DSCN8044.jpg

脱衣所は細長い造りになっていて、鍵付きのロッカーが備えられている。

4DSCN8027.jpg

浴室には大小2つの浴槽がある。

5DSCN8028.jpg

手前の浴槽は5人程度が入れる広さ。

5DSCN8032.jpg

2つある蛇口から熱めのお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-塩化物泉。
MT泉だが、うっすらと緑がかって見える。
湯温は高め、匂いは微タマゴ臭+αで、かなり複雑な香り。

6DSCN8029.jpg

奥の浴槽は小さくて浅い。
湯温はほぼ適温。
おそらく、少し加水しているのではないかと思う。

6DSCN8037.jpg

蛇口からお湯が注がれている。

6DSCN8039.jpg

浅い浴槽なので寝湯ができる。
ゴロンとすると、浴槽の縁から大量にお湯が溢れ出す。

7DSCN8031.jpg

洗い場は4箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
東北地方の温泉地ではよく見られる光景だが、お客さんは自分が使った洗面器や椅子をきちんと片づけている。
素晴らしいマナーなので、自分も倣うようにしている。

宿のご主人は気さくな方で、黒石温泉郷についての話しを聞くことができ、パンフレットもいただいた。
安い料金で泊まることもできるようなので、こんな旅館で湯治できたらいいなと思う。

訪問日:2017年5月5日

温湯温泉 三浦屋旅館
場所 黒石市温湯鶴泉66
料金 大人250円 子供150円
時間 9:00~21:00



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter