小野川温泉 扇屋旅館

1DSCN9076.jpg

やまぼうしを9:00にチェックアウトして向かったのは、小野川温泉。
湯巡り駐車場に車を停めて、温泉街を散策。
小野川温泉では、日帰り入浴を積極的に受け入れており、各旅館の玄関前には入浴可能かどうかが分かるように札が立てられている。
今回はいくつかある旅館の中から扇屋を選ぶ。
場所は、共同浴場尼湯の近く。

2DSCN9079.jpg

玄関から中に入り、帳場に向かう。

1DSCN9127.jpg

無人の帳場には、「皿に入浴料を入れて、大浴場の表示に沿ってお進みください」といった内容の紙が置かれている。
しかし、千円札しか持ち合わせがなかったので、呼び鈴を鳴らす。
すると、奥から若女将さんが出てきて対応してくれる。
とても丁寧な対応で好感が持てる。

2DSCN9085.jpg

帳場前の階段で2階に上がり、案内表示に従って奥に進む。

3DSCN9118.jpg

お風呂は、手前が男湯、廊下の奥が女湯となっている。

3DSCN9087.jpg

脱衣所はそこそこの広さがあり、棚と籠とベンチが置かれている。
洗面台にはドライヤーが備えられている。
また、扇風機があるのがありがたい。

4DSCN9098.jpg

浴室に入った瞬間に焦げタマゴ臭が感じられ、浴槽の縁からはオーバーフローが見られ、嬉しくなる。
浴槽は小さく、4人程度が入れる広さ。

4DSCN9109.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
無色透明だが、お湯の中では白い湯の花が無数に舞っている。
湯温は高めで、44℃ぐらい。

4DSCN9107.jpg

浴槽が小さいので、お湯に浸かるとあちこちからお湯が溢れ出していく。
この瞬間が大好き。

4DSCN9115.jpg

洗い場は2箇所あり、リンスインシャンプーと固形の石鹸が備えられている。
シャワー・カランの出具合は良好。

扇屋旅館は初入館だったが、お湯よし、宿の雰囲気よし、値段よしだった。
ここに泊まって湯治できたらいいなあ、などと思いながら宿をあとにした。

訪問日:2017年6月16日

扇屋旅館
場所 米沢市小野川温泉2432
料金 大人300円 子供150円
時間 7:00~21:00


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter