川渡温泉 越後屋旅館(再訪)

1DSCN9582.jpg

今日は、川渡温泉の越後屋旅館に行ってきた。
約3年半ぶりの訪問となる。

1DSCN9490.jpg

駐車場は宿からちょっとだけ離れたところにある。
徒歩1分程度の距離。

1DSCN9491.jpg

駐車場に車を停めて、越後屋旅館に向かう。
左手にはキッチンなの花、奥は藤島旅館、途中の交差点を右に曲がれば共同浴場がある。

1DSCN9493.jpg

越後屋旅館は、2階建ての中規模の旅館。

2DSCN9573.jpg

玄関から中に入り、帳場で受付をする。

2DSCN9575.jpg

帳場の向かいにはちょっとした休憩スペースがあり、待ち合わせに利用。
館内全体に言えることだが、清掃が行き届いているので気持ちよく過ごすことができる。

3DSCN9568.jpg

廊下を奥に進むと浴場の案内表示がある。
向かって左側が不動の湯で男湯、右側が越後の湯で女湯。
午後7時に交代すると表示されている。
貸切風呂は、宿泊者専用となっている。

3DSCN9571.jpg

不動の湯の近くには貴重品ボックスがある。

3DSCN9502.jpg

脱衣所には3段の棚と籠が備えられている。
扇風機とドライヤーが備えられているのはありがたい。

3DSCN9557.jpg

洗面台には鏡が2つ置かれている。
浴室で使うときにはここから持っていき、使い終わったら戻すことになっている。

4DSCN9515.jpg

浴室には、6人程度が入れる広さの浴槽がある。
浴室に入った瞬間に硫化水素臭が感じられ、川渡カラーの笹濁り色と浴槽からのオーバーフローが目に入り、嬉しくなる。

4DSCN9527.jpg

湯口からは熱めのお湯が注がれている。
泉質は、単純硫黄泉で、PH8.3の弱アルカリ性の肌に優しい感じのお湯。
源泉温度が若干低いために加熱している。
湯温は適温。

4DSCN9523.jpg

浴槽の隅に切り欠けや浴槽の縁からは絶えずお湯が溢れ出している。
湯使いは、加水なし・消毒なしの掛け流しで、お湯はとっても新鮮。

4DSCN9560.jpg

4DSCN9520.jpg

浴室には、洗い場が3箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。
脱衣所から持ってきた鏡を置いて使う。
奥には、立った状態で使用するシャワーがある。

4DSCN9547.jpg

露天風呂へのドアの手前がトド寝ポイント。
背中を熱いお湯が流れていくので、とても気持ちが良い。
今日は終始貸切状態だったので、ケロリンを枕にしてしばらく寛ぐ。

5DSCN9532.jpg

岩造りの露天風呂は小さく、1人サイズ。
周りを塀や簾で囲まれているので眺望はよくないが、涼しい風に当たりながら開放的な気分になれる。

5DSCN9537.jpg

岩の隙間からお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じで、湯温は適温。

5DSCN9556.jpg

浴槽の隅の辺りから絶えずお湯が溢れ出しているが、ザブンとお湯に浸かれば一斉に溢れ出す。
排水が間に合わず、一部は庭に流れ出していく。

今日は、完全に独泉状態。
のんびりと過ごし、1週間の疲れを癒すことができた。

越後屋旅館
場所 大崎市鳴子温泉字川渡24-9
料金 500円
時間 10:00~16:00
    ただし清掃中のこともあり


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter