幕川温泉 吉倉屋旅館

P70712061.jpg

今日は、福島県の幕川温泉「吉倉屋旅館」に行ってきた。
場所は、福島の土湯からさらに奥に入ったところ。
これまで幕川温泉に行くときには、東北自動車道の福島西ICから国道115号線、途中から県道30号線を使い、磐梯吾妻スカイラインのゲートの少し手前から奥に入っていく方法をとっていたが、県道30号線が一部通行止め(~7月19日)になっていることと、相互リンクをいただいている右肩さんから、スカイラインが無料通行できることを教えていただいたので、今回は、磐梯吾妻スカイラインを使って行ってみた。

以前紹介した、高湯温泉を越えてさらに進むと、磐梯吾妻スカイラインの高湯側の入口に着く。
今日は、下界は天気が良く、晴れていて気温が高いが、スカイラインに入ってどんどん上に登っていくと、天気は次第に悪くなり、浄土平で休憩したときには、霧雨と強風でかなりの寒さ。
浄土平辺りからの景色は素晴らしいが、今日は濃い霧のために視界が悪く、ほとんど景色は楽しめなかった。
スカイラインを下り、土湯料金所を出て、すぐに左折し、突き当たりを左折して、細い道をどんどん奥に進んでいく。
細い道に入っていく所には、上の写真の大きな標示があるので、分かりやすい。
初めて幕川温泉に来たときには、夜だったこともあり、この細い道がとても不安だった。
どこまで行けばいいのか不安になっていたときに、旅館の灯りが見えたときには、ホッとした記憶がある。

P70712081.jpg

幕川温泉には、2軒の旅館がある。
標示のある所から細い道を10分ほど進むと、正面には、水戸屋旅館、右手に吉倉屋旅館がある。
以前、水戸屋さんには宿泊したことがあるので、今回は吉倉屋さんの方に行ってみた。

P70712321.jpg

玄関を入ると正面にフロントがあり、入浴料500円を払って入館する。
右の廊下を進むと露天風呂、反対側に進むと内湯がある。
さっそく、右手の露天風呂に向かう。

P70712291.jpg

廊下の突き当たりが女湯、そこから右に行くと男湯がある。

P70712141.jpg

P70712151.jpg

脱衣所には、脱衣籠、洗面所、ドライヤー、鍵付きの大きめのロッカー(無料)がある。
施設が新しく、清掃も行き届いており、清潔感がある。

P70712201.jpg

脱衣所のドアから外に出て、木の手すりのある石の階段を降りると露天風呂。
6人程度が入れる岩造りのお風呂で、眼前には、木々の緑が広がる。
紅葉の季節に来たら、最高のロケーションだと思う。

P70712211.jpg

岩の隙間から、ほどよくお湯が注入されている。

P70712251.jpg

溢れたお湯は、手前の排出口から静かに流れ出している。
お湯は、無色透明だが、湯船の底に白い湯の花が沢山沈殿している。
お湯に浸かってかき混ぜると、それらが小さな湯の花となって浮遊し、お湯自体も白濁しているように見えるが、しばらくすると、また湯の花は沈殿し、透明になっていく。
匂いは、ほどよい硫黄臭。
湯温は、適温。
景色を見ながら長湯してもあまり疲れないお湯だ。

露天風呂から上がり、次に内湯に向かう。
いったん服を着て、先ほどのフロントの前を通り過ぎ、少し行ったところから右手に進むと内湯がある。

P70712341.jpg

廊下の突き当たりが男湯、その左側に女湯がある。

P70712431.jpg

内湯の脱衣所も、露天風呂のとだいたい同じような感じで、こちらにも鍵付きのロッカーがある。
湯船は、10人程度が入れる広さ。
窓が大きく、さらに開放されていたので、外の景色を楽しむことができる。

P70712411.jpg

湯口からは、ほどよくお湯が投入されている。

P70712451.jpg

浴室に入った時には、手前にある湯船の切り欠けから静かにオーバーフローしていたが、ザブンと湯に浸かったら、床一面にお湯が溢れ出した。

泉質は、露天風呂とあまり変わらないように感じたが、こちらには湯の花の沈殿はなく、小さな白い湯の花が沢山浮遊していた。
湯温は少し高めだが、自分にはちょうどよい。
連れの方は、露天風呂が気に入ったようだが、自分は断然こちら。

今日は、露天風呂・内湯ともにほとんど貸切状態だったので、心ゆくまで、かけ流しのお湯を楽しむことができた。
標高が高いので、気温も低く、20℃を切っていた。
風呂上がりに外の涼しい風に当たると、とっても爽やか。
この周辺には、まだ入ったことのない温泉がいくつかあるので、またいつか来てみようと思う。


幕川温泉 吉倉屋旅館
場所 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1-10
料金 大人500円 子ども300円
時間 10:00~15:30
    受付は15:00まで
    なお、冬季休業あり
    例年は11月中旬から5月連休前まで休業

スポンサーサイト

コメント

No title

あら懐かしい (´∀`*)
ここの露天風呂は細いコヨリのような湯花が
いっぱい浮いてて良いですねぃ
昔々訪問した時は道路が半端なく悪くて
大型の四駆で行ったものですから苦労した思い出があります・・

スカイライン今無料になったのでしょうか?
このあたりはいい温泉が目白押しで最高ですね

Re: No title

うしまるさんへ

私も以前行ったときには、夜だったこともあり、道路が狭くて苦労した記憶があります。
久しぶりの幕川温泉でしたが、道路は相変わらず狭く、すれ違うときには少々緊張しますが、全面的に舗装されているので、なんとかなりました。
お湯は、変わらず素晴らしいお湯でした。

スカイラインは、現在無料開放中です。
今回は、天気が悪く、景色もほとんど見られなかったので、今度は天気の良いときに行ってみようと思います。
この周辺にはまだ入ったことのないお湯もあるので、・・・。

No title

早速スカイラインを走られたのですね!
ご紹介の文章まで入れて頂き、恐縮致します^^;

でも、あいにくの天気だった様で・・・景色を楽しむ事は
できなかったのですね・・・残念。

温泉は~特に露天風呂は、緑に囲まれて岩の湯船で、
湯の花もある掛け流しで、白濁した様に見えて。。。
「露天風呂」と聞いたら想像するイメージそのままで、
素晴らしいですね!
しかも適度な硫黄臭に適温のお湯。。。福島の方が
羨ましいですね!

Re: No title

右肩さんへ

スカイラインはあいにくの雨模様で、景色を楽しむことはできませんでした。
天気の良い日にもう一度行ってみようと思います。

幕川温泉は、いつ行ったか思い出せないぐらい、だいぶ前に行ったのですが、旅館の建物が新しくなったことを除けば、温泉や周りの雰囲気は以前のままでした。

この周辺には未湯の温泉がいくつかありますので、また行ってみようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter