元湯 猿倉温泉

P71412901.jpg

7月14日(日)と15日(祝、海の日)に、一泊で青森県の十和田周辺の温泉巡りをしてきた。
欲張って7湯を巡ったので、一度にブログにアップすることは難しい。
のんびりと少しずつあげていきたいと思う。

第1湯は、元湯猿倉温泉。
今回は、国道103号線で十和田湖・奥入瀬渓流を経由して行ったが、途中には、有名な蔦温泉・谷地温泉がある。
猿倉温泉は、蔦温泉から車で20分程度のところにあり、国道沿いの標示から、少し山の中に入ったところにある。

P71413581.jpg

これは、猿倉温泉の新館の玄関に掲げられていた標示だが、とっても素敵なデザイン。
猿倉温泉の雰囲気をよく伝えていて、道路の案内標示や館内の掲示にも使われている。

P71413601.jpg

手前の建物が新館、奥の二階建てが本館。
日帰り入浴の場合は、本館が入口になっている。

P71412971.jpg

本館の玄関を入ると、受付があり、入浴料500円を払って入館する。
受付のおばちゃんからは、新館と本館のお風呂についての説明があり、さらに、「休憩所もあるので、ゆっくりしていってください」「持ち込んでの飲食もいいですよ」とありがたい言葉をいただいた。

P71413001.jpg

まずは、新館のお湯「まほろばの湯」に向かう。
玄関の受付からは、左手の廊下を奥まで進んでいくと、左に男湯、右に女湯がある。

P71413111.jpg

脱衣所は、木製の棚と籠だけのシンプルな造り。
鍵のかかるロッカー等がなさそうなので、貴重品は車に置いてきた。

P71413121.jpg

新館の内湯は、2つある。
手前が、ぬる湯で、奥がやや熱めの適温のお湯となっている。
湯船は、手前が4人程度、奥が6人程度のサイズ。
ぬる湯の方は、長湯ができる。訪問したときには、読書しながら30分以上も浸かっている方がおられた。

P71413061.jpg

手前のぬる湯は、源泉をチョロチョロと投入。奥の方は、ほどよく投入されている。
その差が、湯温の差になっているようだ。
2つの内湯の泉質は、同じような感じがしたが、温度の差で入浴感は(しっとり・しゃっきり)とかなり違う。
また、ぬる湯の方は、グレーがかった白濁だが、奥のお湯は青みがかった白濁に見えた。
どちらも硫黄泉の素晴らしいお湯で、浴室全体に硫黄臭が広がる。
コップが置いてあったので一口飲んでみたが、たまご臭のある酸味と苦味のあるお湯だった。

P71413081.jpg

洗い場には、カラン等がないので、張ってあるお湯を手桶ですくって体を洗う。
シャンプーとボディソープが備えられている。

P71413251.jpg

内湯には、サウナのような「自然蒸風呂」があるが、この後のハードな日程を考え、今回は覗くだけにした。
泊まりでゆっくりできるときには、是非楽しんでみたい。

P71413171.jpg

男性用の露天風呂は、2つある。(女性は1つのようだ)
内湯から石段を降りると、1つ目の露天風呂があり、さらに石段を降りると2つ目がある。
手前の方は少し温めで、下の方が熱めになっている。

P71413211.jpg

どちらも開放感があり、周囲の緑豊かの自然を楽しみながら、お湯に浸かることができ、仙台から車でやってきた疲れも一気に吹き飛んでしまう。
当然ながら、内湯・露天風呂ともに源泉かけ流しで、湯使いにさまざまな工夫が感じられた。

続いて、本館に向かう。

P71413281.jpg

新館から本館のお風呂に行く途中、無料の休憩所を見つけた。
お弁当や飲み物持参で終日過ごす方もいらっしゃるようだ。

P71413301.jpg

本館のお風呂は、玄関を入ってすぐのところ。

P71413471.jpg

こちらの脱衣所もシンプルな造りで、棚と籠と洗面所のみである。

P71413461.jpg

本館には内湯がなく、露天風呂のみとなっている。
脱衣所のドアを開けて外に出ると、上下2段の露天風呂がある。
2つの露天風呂に泉質の違いは感じられなかったが、下の方が若干熱めだった。
日差しが次第に強くなってきたので、日陰が多い上のお風呂に長く浸かっていた。
青みがかった白濁したお湯には、小さな白い湯の花が沢山浮遊し、硫黄臭も十分に感じられた。

猿倉温泉は、とっても素晴らしい温泉で、いつか宿泊してゆっくりしてお湯を楽しみたいと思いつつ、次の温泉に向かった。
(2013.7.14入湯)

元湯 猿倉温泉
場所 青森県十和田市奥瀬猿倉1番地
料金 500円
時間 9:00~15:00(冬季休業)

スポンサーサイト

コメント

渾身のレポート

いい天気ですねえ。記事から,今回の旅が充実したものだったことが想像つきます。続きが楽しみです。自分は昨日はダウンして寝てばかり,今日は職場で仕事でした。

Re: 渾身のレポート

kuroさんへ

kuroさんは、休日出勤でしたか。お疲れ様でした。
私は、目一杯連休をエンジョイしてしまいました。

2日間の青森の天気は、不安定で、晴れたかと思えば、突然どしゃぶりの雨が降ったりしていました。
しかし、ラッキーなことに、温泉に入っているときには、雨にはあたりませんでした。
今週いっぱいかけて、旅の報告をしていきたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter