みちのく温泉 十和田

aP7151576.jpg

湯巡りの旅、第6湯はみちのく温泉。
場所は、十和田市の市街地にあり、十和田温泉からは車で5~6分のところ。
スーパーホテル十和田からは2~3分ぐらい。

bP7151579.jpg

みちのく温泉は、雑居ビルの1階にあり、よく見ていないと気づかないまま通り過ぎてしまう。

cP7151582.jpg

すぐ近くに専用の駐車場もある。

dP7151573.jpg

実は、十和田温泉の駐車場で、デジカメを落としてしまい、液晶画面が壊れてしまった。
そのため、ここからの写真は、画面なしで勘に頼って撮っているので、お見苦しい点があるが、ご勘弁を。
この写真も、気づかぬうちに指が写ってしまった。

玄関から中に入ると、すぐに券売機がある。
入浴料350円を投入すると、プラスチック製の札が出てくる。
その札をおばちゃんに渡して、お風呂に向かう。

hP7151568.jpg

脱衣所は広めで、貴重品ロッカー(100円リターン式)が5つある。

iP7151569.jpg

洗面所にはドライヤーも設置されているが、有料。(3分で10円)

いよいよ浴室に入る。

fP7151557.jpg

ここのお風呂は、3段になっており、この写真は浴室の一番奥から撮ったもの。
一番奥が高温湯、真ん中が中温湯、入口に近い浴槽が低温湯となっている。

gP7151566.jpg

奥にある高温湯は、ビーナスの足元に湯口がある。
湯口からは、ドバドバという感じでお湯が注がれている。
源泉かけ流しのお風呂なので、溢れるお湯も半端ない。
浴槽の両脇の縁から、ザバーっと溢れ出している。
このようなお湯の溢れ方は、これまで一度も目にしたことがない。
初めて見たときには、だれもがびっくりすること間違いなし。

中温湯、低温湯も同じように石の湯口からドバドバ、縁からザバー。
本当に豪快そのもの。
浴室の床が若干斜めになっており、その斜面をお湯が流れている。
その様子を見ているだけで楽しくなってしまう。

泉質は、無色透明なナトリウム塩化物泉。
舐めてみると、けっこうしょっぱい。

高温湯(といっても43℃ぐらい)に20分ほど浸かって、お風呂から上がったが、いつまでも汗が引かなかった。
デジカメを壊してしまい、少しブルーになっていたが、この温泉に浸かっているうちに気持ちも回復してきた。
さあ、いよいよ、湯巡り最後のお湯に向かうとしよう。
(2013.7.15入湯)

みちのく温泉(十和田市)
場所 青森県十和田市東三番町21-5
料金 350円
時間 6:00~22:00

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter