秋保温泉 市太郎の湯

aP7270030.jpg

今日は、休日出勤のため、遠出することができず、仙台近郊の秋保温泉・市太郎の湯に行ってきた。
場所は、秋保の温泉街をホテルきよ水の方に向かって奥に進むと、天守閣自然公園があり、その中に市太郎の湯はある。
仙台市中心部からは、仙台西道路、錦ヶ丘経由で、約30分のところ。

bP7270003.jpg

今日はあいにくの雨模様で、県内各地で大雨洪水警報が出されている。
市太郎の湯に着いたときには、大粒の雨が降っていた。

cP7270004.jpg

入浴料770円を受付で払って入館する。
玄関の右側には、湯元小屋館跡自然庭園の入口があり、入浴料を払えば庭園に入ることもできる。
四季折々の自然を満喫できる庭園なので天気が良ければ寄っていくところだが、今日はパスして、そのまま温泉に向かう。

dP7270009.jpg

受付から左側のドアを入り、廊下を進むと、手前に男湯、奥に女湯がある。

eP7270018.jpg

fP7270024.jpg

脱衣所は広めで、大きな籠と木の棚がある。
建物が新しく、清掃も行き届いており、清潔感がある。
洗面台にはドライヤーが設置されており、貴重品ロッカー(100円リターン式)もあるので安心。

gP7270019.jpg

木のドアを入ると浴室。
今日は、土曜の午後という時間もあり、雨なのに大勢のお客さんで賑わっていた。

hP7270016.jpg

内湯にある洗い場は10箇所程度あり、シャワー付きのカラン、シャンプー類が備えられている。

gP7270011.jpg

お風呂は、10人程度が入れる内湯、外には6人程度が入れる大きさの露天風呂、さらに奥には10人以上入れる露天風呂がある。
露天風呂には、屋根がかかっているので、雨に濡れることなく湯浴みすることができる。
泉質は、内湯・露天ともに同じで、緑がかった含石膏-食塩泉で弱アルカリ性のやさしいお湯。
湯船の切り欠けからはオーバーフローしているが、かけ流しと循環を併用しているようだ。

山の方からは、ひぐらしの声がしきりに聞こえており、夏の到来を感じさせられる。
湯上がりには、グッと冷たい物でも飲みたいところだが、家にビールを冷やしてきたので、急いで家路についた。

秋保温泉 市太郎の湯
場所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字源兵衛原10
料金 大人770円 子供400円 幼児200円
時間 平日 10:00~17:30
    土・日・祝 10:00~18:00 ※季節により変動あり

スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした

震災の時,近くの「きよみず」のお風呂に入りに行きました。
「きよみず」のお風呂もなかなかいいと思います。あの時は駐車場が,警察の車でいっぱいだったような気がします。

Re: お疲れ様でした

kuroさんへ

震災の時には、よく秋保に行きました。何しろ我が家のガスが開通したのが4月中旬だったので。
確かに、秋保には他県の警察の皆さんが宿泊されていて、駐車場にはパトカーが沢山駐まっていました。
また、鳴子には、ガス関係の皆さんが多く泊まっておられました。

まだ、2年と少し前の出来事ですが、何故かずっと前のように感じてしまい、ちょっと不思議な気持ちになります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter