川渡温泉共同浴場 川渡温泉浴場

aP9010037.jpg

今日は、川渡温泉共同浴場「川渡温泉浴場」に行ってきた。

aP9010001.jpg

場所は、川渡の温泉街の中にある。
古川方面からは、国道47号線で鳴子に向かい、川渡温泉入口の交差点を左折して川渡大橋を渡り、2つめの角を右折してすぐのところ。
駐車場がないので、近くの公民館に車を駐める。
公民館の場所は、川渡温泉浴場の前の道をそのまま進むと突き当たりになるので、その角を右に曲がってすぐのところ。
お風呂までは歩いて1分程度の距離。

aP9010038.jpg

共同浴場としては、比較的きれいな建物。
玄関を入って右側が女湯、左側が男湯になっている。

bP9010013.jpg

ガラス戸を開けて中に入ると、トイレがあり、その向かい側に脱衣所がある。

cP9010029.jpg

脱衣所に入ると入浴料金箱が置いてあるので、ここに200円を入れる。

dp9010014.jpg

脱衣所はせまく、棚のみの簡素な造りとなっている。

eP9010020.jpg

扉を開けて中に入った瞬間に硫黄の匂いに包まれる。
浴槽は、6人程度が入れる広さ。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉で、PH7.6の弱アルカリ性のお湯。
緑がかって白濁しており、お湯の中には、白い湯の花がたくさん舞っている。

fP9010021.jpg

源泉は、いったん湯溜まりに入り、水を加えた状態で浴槽に注入される。
源泉温度が高いので、加水された状態でも湯温はかなり高く、45℃前後と思われる。
少し熱く感じるが、十分掛け湯をすれば入ることができる。
お湯にザブンと浸かると、溢れたお湯が浴槽の縁から大量に流れ出す。

hP9010025.jpg

木造の浴室は、雰囲気があり、窓が開けられているので、換気の状態もよい。

gP9010019.jpg

洗い場は、2箇所あり、お湯を出すと、温泉が出てくる。
そのお湯を口にすくって少し飲んでみたが、苦味と硫黄臭が感じられる。

今日は、朝8時半ごろの入湯。
先客が1人いらっしゃったが、すぐに上がったので、あとはずっと貸切状態。
朝一は、結構人が多いようなので、ちょうど良い時間に来たようだ。
源泉かけ流しのお湯に満足しながら家路についた。

川渡温泉共同浴場 川渡温泉浴場
場所 宮城県大崎市鳴子温泉字川渡25-59
料金 大人200円 子供100円
時間 6:00~22:00

スポンサーサイト

コメント

No title

硫黄泉ですか!
これはステキな色ですね。
しかも、200円なんて・・・
素晴らしいです!
東北はホント、いい温泉がいっぱいでいいところですね~♪

Re: No title

りゆうさんへ

川渡温泉は、鳴子温泉郷にあり、仙台からは一番近いところです。
鳴子温泉郷には、鳴子温泉のほかに、東鳴子温泉・中山平温泉・鬼首温泉・川渡温泉などがあり、それぞれ泉質の異なる温泉を楽しむことができます。
また、同じ温泉地内でも、宿や施設によって泉質がまったく違うこともあります。
鳴子温泉郷も含めて、これからも、少しずつですが、東北地方の温泉の良さを紹介していきたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter