鬼首温泉 大新館

aP9210158.jpg

愉多工房の美味しいお蕎麦の後は、鬼首の大新館に向かった。
岩出山にある愉多工房からは、車で30分程度。
鬼首の一方通行の道路沿いにある。

bP9210160.jpg

朱塗りの欄干のある橋を渡ったところに大新館はある。
雰囲気がよいので、以前から一度行ってみようと思っていたところ。

さっそく玄関を入り、日帰り入浴をお願いすると快諾。
女将さんは、親切にも露天風呂まで案内してくれる。

gP9210134.jpg

露天風呂は、本館の廊下を奥まで進み、ドアを出たところにある。
風情のある湯小屋には、男女別の露天風呂がある。

eP9210126.jpg

fP9210130.jpg

脱衣スペースは狭く、籠のみ。

cP9210118.jpg

男性用の露天風呂は、10人程度が入れる広さ。
一部屋根がかかっているが、開放的で景色を堪能することができる。
爽やかに晴れ渡った秋の空や周囲の木々を眺めながら、ゆったりと寛ぐ。

dP9210123.jpg

木の樋から静かに源泉が投入されている。
湯船の手前側に切り欠けがあり、こちらも静かに流れ出している。
泉質は、弱アルカリの単純泉で、無色透明。
自分がもっとも好きなタイプ。
匂いは、微かな硫黄臭と石膏臭。
湯温は、少し高めなので、出たり入ったりの繰り返し。

次に内湯に向かう。
運悪く、男性用内湯がお湯の入れ替え中で入れない。
どうしようかと思っていたところ、女将さんから、「奥さんと一緒に女湯に入ってもらってもいいですよ。そのときは、貸切にしますから」とありがたい言葉をいただく。
また、「家族用の貸切風呂を使ってもらってもいいですよ」とも。
結局、女湯はやめて、貸切風呂に入ることにした。

iP9210141.jpg

貸切風呂は、1人サイズの木の浴槽。
狭いが雰囲気があって、とても気に入った。
お湯は、新鮮そのもので、一切の湯汚れがなく、大小さまざまな形の湯花が浮遊している。
湯口からは熱い源泉がチョロチョロと投入され、静かにオーバーフローしている。
このサイズなので、ザブンとお湯に浸かれば、洪水のようにお湯が溢れ出す。

jP9210143.jpg

洗い場が1箇所あり、シャンプー類も備えられている。

kP9210149.jpg

湯口には、水の出る蛇口があるので、自分の好みで湯温の調整ができる。
実際、入ったときには、おそらく48℃ぐらいあったので、少し薄めてから入った。

ここからは、連れに頼んで撮ってもらった女湯の写真。

lP9210152.jpg

mP9210154.jpg

nP9210155.jpg

こちらからも、いい雰囲気が伝わってくる。
次回は、入れなかった男湯も楽しんでみたいと思う。

鬼首温泉 大新館
場所 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字宮沢22
料金 500円


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter