駒の湯温泉

1DSCN0036.jpg

今日は嬉しい平日温泉。
先週末は土日ともに終日勤務だった。
今日の午後は休みを取ることができたので、栗駒の駒の湯温泉に行ってきた。
駒の湯への訪問は、約9カ月ぶりとなる。

1DSCN9988.jpg

駒の湯は、行くたびに変化がある。
前回との違いは、そばカフェと湯小屋の間に屋根ができたことと、浴槽の湯口が変わったことの2つ。

2DSCN0035.jpg

そばカフェにある受付で入浴料を払って、さっそくお風呂に向かう。

3DSCN0028.jpg

脱衣所は棚と籠のみのシンプルな造り。

4DSCN0022.jpg

浴室に入った瞬間に、硫化水素臭が襲ってくる。(とってもいい香り)
美しい浴槽は2人サイズ。

4DSCN0003.jpg

湯口に覆いが施され、パイプの湯口からは温めのお湯がドバドバと注がれている。
泉質は、含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)で、PH4.4の弱酸性のお湯。
浴槽内には大きくて白い湯の花が多数舞っている。
湯口が変わったことについて浴後に女将さんに聞くと、硫化水素対策とのこと。
湯口付近に換気扇を取り付けることになり、それを隠すために覆いをかけたとのこと。
当局からの指導があっての対策だとか。
以前の方が情緒があってよいと思うのだが・・・。
でも仕方ないのだろう。

4DSCN0007.jpg

源泉掛け流しになっており、溢れたお湯は浴槽の縁から簀の子に流れ出している。
湯温は適温。少し温めなので長湯できる。
終始独泉だったので、お湯に浸かっては簀の子にゴロンとなり、また浸かってはゴロンを繰り返す。

5DSCN0024.jpg

窓からの眺めは、まるで1枚の絵を見ているかのよう。
静寂の中でお湯の流れる音だけを聞きながら、のんびりと過ごすことができた。

お風呂から上がった後は、そばカフェでコーヒーなどを飲みながらご主人と女将さんといろいろと話しをさせていただく。
内陸地震からの復興にはまだまだ乗り越えなければならない課題があるようだ。
最高のお湯なので、未湯の方には是非行ってほしいと願っている。

駒の湯温泉
場所 栗原市栗駒沼倉耕英東88
料金 大人400円 子供200円
時間 10:00~17:00
定休 水曜日
 ※冬季休業

割烹温泉 観音湯

1DSCN9904.jpg

7月16日(日)に、福島県の西白河郡矢吹町にある割烹温泉観音湯に行ってきた。

1DSCN9986.jpg

2週間前に訪問した新菊島温泉旅館からの帰り道、国道4号線沿いに観音湯の看板を見つけ、ネットで検索したところ、お湯が良いと評判の宿なので行ってみることにした。
後になって地図で場所を確認したところ、新菊島温泉旅館から直接行けば、車で5分程度の距離と分かった。

1DSCN9978.jpg

国道4号線から分かれて5分ほど行くと道路沿いに大きな看板があり、宿はここからすぐ近くにある。

1DSCN9902.jpg

割烹温泉観音湯は,こぢんまりとした和風の旅館で,全体として落ち着いた雰囲気が感じられる。

2DSCN9975.jpg

玄関から中に入り,フロントで受付をする。
接客が丁寧で感じが良い。

2DSCN9968.jpg

フロントから案内表示に従って廊下を奥に進んでいくと,男女別のお風呂がある。

3DSCN9911.jpg

脱衣所は,広くてゆったりとした造りになっている。
棚と籠の他に貴重品ロッカー(100円リターン式)がある。
洗面台には,ドライヤー・綿棒・櫛などが備えられている。
清掃が行き届いており,気持ちよく利用することができる。

4DSCN9914.jpg

浴室には,10名程度が入れそうな広さの浴槽があり,その隣には水風呂とサウナがある。
浴槽の一部ではジャグジーが稼働している。

4DSCN9920.jpg

湯口からは,勢いよくお湯が注がれている。
泉質は,アルカリ性の単純泉。
うっすらと黄緑がかった透明のお湯。
湯温は温めなので,長湯できる。

4DSCN9923.jpg

湯使いは,加水のみありの源泉掛け流しとなっている。
溢れたお湯は,窓際の排出口から外に流れ出している。

4DSCN9921.jpg

洗い場は6箇所あり,シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN9933.jpg

浴室の奥のドアから外に出ると大小2つの露天風呂がある。

6DSCN9927.jpg

手前の浴槽は10人程度が入れる広さ。
屋根が掛けられているので,天候に左右されずに入浴することができる。

6DSCN9934.jpg

木製の湯口からはチョロチョロとお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じだが,露天風呂は加水なしの掛け流しとなっている。

6DSCN9940.jpg

お湯は,木枠と浴槽の隙間から外に流れ出している。
加水がない分,温泉成分が濃い。
浴感はヌルスベ,匂いは微タマゴ臭と微アブラ臭。
とっても素晴らしいお湯に大満足。

7DSCN9930.jpg

奥の露天風呂は4人サイズ。
屋根が掛けられていないが,頭上には紅葉の木があり,少し暗くなっている。
紅葉の季節にこのお風呂に入ったら最高だと思う。

7DSCN9952.jpg

湯口からは熱いお湯がチョロチョロと注がれている。
こちらも加水なしの源泉。
この浴槽で一緒になった方の勧めでちょっと飲んでみることに。
熱くて手では掬えないので,湯口に口を近づけて飲むのだとか。
ほろ苦い味,タマゴ臭とアブラ臭が口いっぱいに広がる。
飲泉は得意な方ではないが,ここは結構飲める。

7DSCN9957.jpg

浴槽が小さいので,ザブンとお湯に浸かると,浴槽の縁から一斉にお湯が溢れだしていく。
水流が渦をなして排出口から流れ出している。

先ほどの方は,「ここは,部屋数が少ないので,どの部屋からもお風呂が近く,お料理がとても美味しく,静かで隠れ家的なところ」と絶賛していた。
確かに,お湯良し,雰囲気良しのお宿だったので,いつか泊まってみたいなと思う。

割烹温泉 観音湯
場所 西白河郡矢吹町南町182-7
料金 700円
時間 9:00~22:00

遠刈田温泉 まほろばの湯(再訪)

1DSCN9900.jpg

7月15日(土)、遠刈田温泉のまほろばの湯に行ってきた。
約3年半ぶりの訪問。

1DSCN9817.jpg

まほろばの湯は、遠刈田の温泉街から国道457号線で蔵王方面に向かいこけし橋を渡って少し行き、バーデン家壮鳳の方に左折して、そのまま奥に進んだところにある。

1DSCN9819.jpg

門には、まほろばの湯と食事処くぬぎ庵の提灯が下がっている。

1DSCN9821.jpg

門と玄関の間には足湯がある。

2DSCN9823.jpg

玄関から中に入り、靴を下駄箱に入れる。
受付で下駄箱の鍵と入浴料を渡すと、脱衣所のロッカーの鍵が渡される仕組み。

2DSCN9832.jpg

お風呂は廊下を奥に進んだところにある。
手前が男湯、奥が女湯で、固定制。

3DSCN9896.jpg

脱衣所には鍵付きのロッカー、洗面台、冷水器、扇風機などがある。

4DSCN9836.jpg

内湯は、10名程度が入れる広さ。
窓が開け放たれているので、涼しい風が入ってきて気持ちが良い。

4DSCN9839.jpg

泉質は、ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉で中性。
おせっぱ5号泉を使用。
薄っすら黄色がかった透明のあっさりした感じのお湯。
湯温は適温。

4DSCN9842.jpg

溢れたお湯は、浴槽の切り欠けから外に流れ出している。
塩素系薬剤使用とあるが、塩素臭はほとんど感じられない。

4DSCN9870.jpg

洗い場は8箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

4DSCN9837.jpg

おそらくこれが源泉。
掛け湯や上がり湯に使おうと思うが、熱すぎて断念。

5DSCN9846.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
大きな岩をくり抜いて造った浴槽は3人程度が入れる広さ。

5DSCN9851.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯。
おせっぱ4号泉を使用。
色は薄茶色で緑がかっており、濁りがある。
金気臭を含んだ複雑な匂いが感じられる。

5DSCN9855.jpg

浴槽の縁から溢れたお湯が外に流れ出している。

6DSCN9865.jpg

露天風呂の裏側にミストサウナがある。

6DSCN9862.jpg

熱すぎず、湿気があるので、過ごしやすい。
専用のマットが入口の近くにあるので利用する。

6DSCN9848.jpg

サウナの後は水風呂へ。
だが、冷たすぎて長く入ることはできない。

7DSCN9829.jpg

くぬぎ庵からは料理のいい匂いがする。

8DSCN9816.jpg

まほろばの湯の向かいには、炭火焼肉まほろばがある。
いつか機会があったら行ってみようと思う。

前回訪問時と比べて料金が少しだけ上がっていた。
お湯は、露天・内湯ともに、前回よりも温泉成分が濃い感じがした。(何となくだが・・・)

遠刈田温泉 まほろばの湯
場所 蔵王町遠刈田温泉字新地東裏山34-208
料金 平日 大人700円 子供400円
    土日祝日 大人800円 子供500円
    17時以降は100円引き
時間 平日 9:00~21:30
    土日祝日 7:00~22:00
 

スパ&リゾート 秋の宮山荘

1DSCN9790.jpg

今日の仙台はとても熱く、真夏の陽気。
久しぶりに秋田県湯沢市の秋ノ宮に行ってきた。
鳴子温泉から鬼首まで花渕山バイパスができたので、秋ノ宮まではかなり近くなった。
仙台からは約2時間半で到着。
訪問したのは、秋の宮山荘。
高台に建つお洒落なリゾートホテル。
広い駐車場には結構な台数の車が停まっている。

2DSCN9763.jpg

玄関から中に入り、フロントで受付をする。

2DSCN9767.jpg

入浴のみも可能だが、ちょうど昼食の時間帯だったので日帰りプランにする。
日帰りプランは、入浴料込みで1,000円のコースと1,500円のコースがある。
1,000円の方は牛丼か焼き鳥丼かラーメン、1,500円の方は稲庭うどん(天ぷら付き)か海鮮丼かえびカレーとなっている。
受付を済ますと、食券が渡される。
昼食は後にして、まずはお風呂に向かう。

3DSCN9747.jpg

お風呂は2階にあるので、エレベーターか階段で上がる。
向かって右側が男湯、左側の奥が女湯となっていて、固定制。

3DSCN9742.jpg

脱衣所の入口で靴を脱いで中に入る。
奥に貴重品ロッカー(100円リターン式)があるので利用。

3DSCN9745.jpg

洗面所はゆったりとしていて、ドライヤー、綿棒、整髪料が置かれている。

3DSCN9746.jpg

脱衣所の入口の辺りには、マッサージ機とソファーが置かれていて休憩することができる。

4DSCN9705.jpg

浴室は広く、天井が高い。
中央に、2段の円形の浴槽がある。
上の浴槽は湯温が少し高めで、下の浴槽はかなり温い。
交互にお湯に浸かると何とも気持ちが良い。

4DSCN9713_20170709172433a5d.jpg

メインの浴槽は広く、窓際に沿って設置されている。

4DSCN9680.jpg

湯口からは勢いよくお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-塩化物泉で、弱アルカリ性の高温泉。
湯使いは、加水あり、循環・消毒ありで、一部掛け流しとなっている。
あまり特徴のないお湯だが、鮮度はまずまずで塩素臭も我慢できる範囲。

4DSCN9678.jpg

窓に沿って設けられた排出口から溢れたお湯が流れ出している。

4DSCN9724_20170709172438dac.jpg

右隣には、ジャグジー付きの寝湯がある。
湯温が温めに設定されているので、長湯できる。
ゴロンと寝ながら、外の景色を眺めると心地よい。

4DSCN9726.jpg

4DSCN9683.jpg

泉質と湯使いは他の浴槽と同じ。

5DSCN9673.jpg

寝湯の隣には打たせ湯がある。

5DSCN9722.jpg

サウナと水風呂もあるが、水風呂は冷たすぎて入れなかった。

5DSCN9672.jpg

シャワー付きのカランが10箇所あり、シャンプー類完備。
その他に立って使うシャワーもある。

6DSCN9686.jpg

浴室の奥のドアから外に出ると露天風呂がある。
石造りの浴槽は10人程度が入れる広さ。

6DSCN9693.jpg

6DSCN9694.jpg

泉質や湯使いは他の浴槽と同じと思うが、こちらでは塩素臭は感じられなかった。

6DSCN9702.jpg

庭を眺めながら湯浴みをしていると、時折涼しい風が吹いてきて気持ちが良い。

浴槽の数が多く、寝湯やサウナにも入ったので、1時間ほどのリラックスタイムを満喫。
その後、1階のレストランへ向かう。

7DSCN9785.jpg

レストランもみじは、お洒落な造りとなっている。

7DSCN9784.jpg

景色が良い窓際の席に着く。

7DSCN9780.jpg

私は、海鮮丼をいただく。

7DSCN9775.jpg

連れは、天ぷら付きの稲庭うどんにする。
お風呂に入りお腹が空いていたので、すべて完食。

8DSCN9759.jpg

館内には無料の休憩所がある。
座敷だが、衝立があるので利用しやすい。

8DSCN9761.jpg

ロビーなどにも休憩スペースがある。

8DSCN9771.jpg

フロントの近くには売店があり、お土産などを買うことができる。

秋の宮山荘は、建物や施設が新しく、全体的にゆったりとした造りになっているので、快適に過ごすことができる。
休憩や昼食をとりながら長時間滞在することもできるのでお客さんで賑わっていた。

秋の宮山荘
場所 湯沢市秋ノ宮字殿上1-1
料金 大人600円 子供300円
時間 10:30~20:00


新菊島温泉旅館

1DSCN9665.jpg

7月2日(日)に、福島県の鏡石町にある新菊島温泉旅館に行ってきた。
国道4号線沿いに案内表示があり、以前から通るたびに気になっていた。
お湯が素晴らしいという評判のお宿。

1DSCN9585.jpg

国道から約700m行くと旅館に到着。
宿はちょっと鄙びた系の雰囲気が漂う。
駐車場は広く、30台程度の車を停めることができる。

2DSCN9589.jpg

玄関から中に入り、帳場で受付をする。
営業時間開始よりも少し早かったがOKとのこと。

2DSCN9645.jpg

廊下を奥に進んだところにお風呂がある。
向かって右側が男湯、左側が女湯となっているが、それぞれのお風呂の奥は混浴となっている。

3DSCN9593.jpg

脱衣所には棚と籠とベンチが置かれている。

3DSCN9599.jpg

浴室のドアから中に入る。
そこには5人程度が入れる広さの浴槽がある。
奥の穴を潜っていくと、混浴ゾーンに行くことができる。
浴室の床、浴槽の底が温泉成分で大変滑りやすくなっているので、慎重に歩く。

3DSCN9602.jpg

湯口のパイプからはドバドバとお湯が注がれている。
泉質はアルカリ性の単純泉。
PHは8.5。
色は黄褐色で、匂いは微硫化水素臭と微モール系のアブラ臭。
肌ざわりはヌルヌル。

3DSCN9608.jpg

洗い場は2箇所あり、シャワー付きのカランが設置されている。
石鹸が置かれているがシャンプーはないので持参する必要がある。

4DSCN9612.jpg

いよいよ穴の向こう側に行く。
混浴は苦手なので、女性が入っていないことを祈りながら入る。
先客さんは男性2名。ホッと安心。

4DSCN9621.jpg

浴槽はとても広く、30人以上が入れる広さ。
窓からは新緑の木々を眺めることができる。

4DSCN9619.jpg

向かって左側が男湯から入るための穴、右側は女湯からの出入口となっていて、扉は通常は閉じられている。
女性が混浴風呂に入る時には、この扉を開けて入ってくることになる。
浴室には遮るものがなく、湯気もたっていないので、女性にとってはかなりハードルが高そう。

4DSCN9605.jpg

湯口からは、物凄い勢いでお湯が注がれている。

4DSCN9614.jpg

溢れ出すお湯の量も半端なく、豪快に流れ出している。

新菊島温泉旅館は、地元では人気の宿のようで、次々とお客さんが入ってきた。
今回は時間があまりなくてのんびりできなかったので、いつかもう一度行ってみようと思う。

新菊島温泉旅館
場所 岩瀬郡鏡石町久来石南470-1
料金 300円
時間 9:00~21:00



プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter