東北原温泉

1DSCN0646.jpg

9月17日(日)に郡山市にある東北原温泉を訪問した。

1DSCN0648.jpg

周囲は田園地帯で、建物も一見倉庫のように見えるので、見つけにくい。
ナビを頼りに何とか到着。
広い駐車場には車がほとんど停まっていない。

1DSCN0599.jpg

玄関は建物の裏側にある。

2DSCN0641.jpg

館内に入り、靴を脱いで鍵付きの下足箱に入れる。
受付でおばちゃんにその鍵を渡し入浴料を払うと、脱衣所のロッカーキーが渡される。

2DSCN0601.jpg

廊下を奥に進むと右手にお風呂がある。
向かい側には休憩所があり、お客さんがゴロゴロしている。

3DSCN0603_201709190822161d6.jpg

脱衣所はロッカーのみのシンプルな造り。

3DSCN0630.jpg

浴室の入口付近に洗面台があり、ドライヤーが備えられている。

4DSCN0628.jpg

浴室には、石造りの4人サイズの浴槽がある。
窓が開けられていて、ちょっと寒い。

4DSCN0613.jpg

湯口からはかなりの量のお湯が注がれている。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉で、弱アルカリ性のお湯。
匂いは一般的な温泉臭で、浴感は肌に擦るとちょっとヌルッとする。
湯温は少し温めで、長湯できる。

4DSCN0629.jpg

源泉掛け流しで、浴槽の縁からは大量にお湯が溢れ出している。
お湯の鮮度は抜群に良い。

4DSCN0623.jpg

洗い場は4箇所あり、そのうちの3箇所にシャワー付きのカランが備えられている。
石鹸とシャンプーが置かれている。

東北原温泉には初めての訪問。
建物や設備はちょっとB級な感じもあるが、お湯はとても素晴らしかった。

東北原温泉
場所 郡山市片平町字庚坦原14
料金 1回入浴400円(90分)
 半日入浴750円
 1日入浴1,100円
時間 9:00~18:00
定休 第1第3水曜日




川渡温泉 二宮荘

1DSCN0538.jpg

今日は、午前中は仕事で、午後からの出発となった。
訪問したのは、川渡の二宮荘で、こちらには約2年ぶり。
二宮荘は、国道47号線で古川方面から鳴子温泉に向かい、川渡の温泉街を過ぎて少し行ったところから左折して山の方に入ったところにある。

1DSCN0542.jpg

宿の向かいには専用の駐車場があるので車を停めて、橋を渡る。
右手に宿の玄関がある。

2DSCN0585.jpg

玄関から中に入り帳場のところで声をかけると女将さんが出てきて対応してくれる。
いつもながらとても感じが良い。

2DSCN0583.jpg

お風呂は、帳場の右手にあり、手前に男湯、奥に女湯がある。
いつもこの配置なのでおそらく男女は固定制。

3DSCN0550.jpg

脱衣所は棚とベンチの簡素な造りとなっている。

3DSCN0546_20170916192354878.jpg

洗面台にはドライヤーが備えられている。

4DSCN0559.jpg

浴室に入った瞬間に美しい浴槽が目に入ってくる。
木枠の施された浴槽は4人程度が入れる広さ。

4DSCN0571.jpg

湯口からは、熱めのお湯がほどよく注がれている。
泉質はほぼ中性の単純泉。
源泉温度が低いために加温され、湯温は適温となっている。
色は前回は少し灰色がかっていたが、今回は薄い紅茶色。
匂いは、金気臭と微硫化水素臭などが混ざった複雑な香り。
色・匂いともに前回とは異なり、温泉は「生もの」なのだなあと思う。

4DSCN0572.jpg

浴槽の切り欠けからは絶えずお湯が溢れ出している。
ザブンとお湯に浸かると浴槽の縁からも大量にお湯が溢れ出す。
掛け流しのお湯は新鮮そのもの。
お湯の通り道が黒く変色しており、ここがトド寝のベストポイント。
終始貸切状態だったので、しばらくここでトドることに。
背中をお湯が流れていくのでとても気持ちが良い。

5DSCN0575.jpg

洗い場は3箇所あり、そのうちの2箇所にシャワーが備えられている。
シャンプー類は完備。

二宮荘の立ち寄り湯は午後3時からの営業となっているので、普段はなかなか訪問できない。
今日のように午後からの出発のときに、また行ってみようと思う。

二宮荘
場所 大崎市鳴子温泉字馬場136
料金 400円
時間 15:00~20:00


松金屋アネックス

1DSCN0515.jpg

このところアルカリ泉が続いたので、酸性泉を求めて山形蔵王に行ってきた。
松金屋アネックスは、蔵王の温泉街に向かう道路沿いにある。

1DSCN0406.jpg

建物は緩やか斜面に建てられている。
こちらには源泉風呂と人工温泉の大浴場(露天風呂付き)がある。

1DSCN0408.jpg

フロントには螺旋階段を登っていくが、エレベーターで行くこともできるようになってる。

2DSCN0509.jpg

玄関で靴を脱いでスリッパに履き替え、フロントで受付をする。
従業員の対応が丁寧で感じが良い。
貴重品ロッカー等がないとのことなので、フロントで預ける。
その際、引き換え用の番号札が渡される。

3DSCN0457.jpg

お風呂へは、フロント右側の廊下を少し進み、右に折れて廊下を奥まで進んでいく。
途中に、源泉眺望風呂の案内表示があるので、そこから右に曲がってさらに進む。

3DSCN0452.jpg

廊下の突き当りに、男女別のお風呂がある。

3DSCN0420.jpg

脱衣所はシンプルな造り。
清掃が行き届いているので気持ちよく利用することができる。

3DSCN0421.jpg

浴室の入口のところには洗剤等が使えないと表示されている。

4DSCN0427.jpg

檜風呂は6人程度が入れる広さで、とても美しい。

4DSCN0451.jpg

木製の湯口からはひたひたとお湯が注がれている。
泉質は、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉で、PH2.1の強酸性のお湯。
お湯の通り道は温泉成分により白く変色している。

4DSCN0431.jpg

溢れたお湯は、浴槽の縁から浴室の床に流れ出し、簀の子から下に流れ出している。
お湯は、ほとんど白濁しておらず、透明に近い。
レモンのような香りがあり、ピリピリした浴感。
目に入ると痛い。

4DSCN0439.jpg

シャワーを2基備えている。
こちらは掛け湯、上がり湯用。

4DSCN0441.jpg

窓が外されているので開放的。
景色がよく見える。
紅葉の時期には素晴らしい景色が眺められると思う。
敷地内の弓道場では、高校の弓道部が練習中で、元気な声が聞こえてきた。

しばらく源泉風呂を楽しんだ後、大浴場に向かう。

5DSCN0460.jpg

先ほど来た廊下を元に戻り、奥に進むと大浴場・露天風呂がある。

5DSCN0501.jpg

脱衣所は広くてゆったりしている。
洗面台にはドライヤーや綿棒が備えられている。

5DSCN0500.jpg

こちらのお風呂は人工温泉で、成分表等は見当たらない。
強酸性のお湯が苦手な人もいるので需要があるのかもしれない。

6DSCN0468.jpg

杉がふんだんに使われた浴室や浴槽はとても美しい。
浴槽は大きく、20人程度が入れる広さ。

6DSCN0469.jpg

湯口からは熱めのお湯がドバドバと注がれている。

6DSCN0473.jpg

人工温泉ながらしっかりと掛け流しになっている。

6DSCN0498.jpg

洗い場は9箇所あり、シャワー・シャンプー類完備。

7DSCN0480.jpg

浴室の奥のドアから外に出ると露天風呂がある。
岩造りの浴槽は5人程度が入れる広さ。

7DSCN0485.jpg

眺望はのぞめないが、開放的な気分になることができる。

松金屋アネックスには初めて訪問したが、源泉眺望風呂のお湯がとても良かった。
ただ、その後に大浴場に入ったので、体についた匂いは消えてしまった。
次回は、大浴場の後に源泉風呂に入ろうと思う。

訪問日:2017年9月10日

松金屋アネックス
場所 山形市蔵王温泉1267-16
料金 大人600円 子供300円
時間 9:00~21:00
※清掃中のこともあるので要確認

佐久山温泉 きみのゆ

1DSCN0405.jpg

先週末、栃木県の大田原市にある佐久山温泉きみのゆに行ってきた。
場所は、東北自動車道矢板ICから車で15分ほどのところ。

1DSCN0398.jpg

きみのゆは小高い丘の上にあり、敷地内には宿泊や宴会ができる施設などもある。
営業開始前に着いたのできみのゆの前の駐車場は空いていたが、帰るときには一杯になっていて、坂の下の方にある別の駐車場から歩いてくる人たちがたくさんいた。

2DSCN0355.jpg

台風の影響か、風が強くて気温が低く、長そででも寒いぐらい。
玄関前で常連さんたちと話をしながら、戸が開くのを待つ。

2DSCN0395_20170904192350e24.jpg

10分ほど待って館内に入る。
100円リターン式の下足入れに靴を入れて、券売機で入浴券を買って、受付の人に渡す。

3DSCN0391.jpg

お風呂は廊下を奥まで進んだところにある。
途中には、貸切風呂・休憩所(食堂)などがある。

3DSCN0384.jpg

脱衣所は広く、100円リターン式のロッカーがたくさん並んでいる。
洗面台にはドライヤーが備えられている。
外が寒いので、入浴後にドライヤーを久しぶりに使った。

4DSCN0363.jpg

浴室には大小2つの浴槽がある。
大きな浴槽は20人程度が入れる広さ。

4DSCN0381.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性の単純泉。
微アブラ臭の感じられる優しいお湯。
浴感は少しヌルッとする程度。
掛け流しになっているが、お湯が満杯になっていなかったので、オーバーフローはほとんど見られなかった。
(帰る頃にはしっかりとお湯は溢れ出していた。)

4DSCN0379.jpg

大きな浴槽には電気風呂があるが、苦手なので近づかないようにする。

4DSCN0367.jpg

浴室の奥の方にジャグジー付きの3人サイズの小さな浴槽がある。

4DSCN0368.jpg

湯口から注がれるお湯は大浴槽と同じ。
ジャグジーの効果か、こちらは明確なアブラ臭。

4DSCN0369.jpg

浴槽の切り欠けからお湯が大量に溢れ出している。

4DSCN0364.jpg

浴室内には足湯があり、ちょっと休憩するのによい。

4DSCN0361.jpg

洗い場は10箇所程度あり、シャワー・シャンプー類完備。

5DSCN0371.jpg

浴室から外に出ると露天風呂がある。
岩造りの浴槽は10人程度が入れる広さ。

5DSCN0373.jpg

湯口からは熱いお湯が注がれている。
泉質は内湯と同じ。
湯口の隣には、打たせ湯がある。

6DSCN0376.jpg

露天風呂の近くにサウナがあるが、利用しなかった。

6DSCN0377.jpg

6DSCN0378.jpg

サウナの近くには1人用の水風呂が2つある。

佐久山温泉きみのゆは、地元では人気の施設。
一番乗りを果たしたので、最初のうちは空いていたが、帰る頃には多くのお客さんで賑わっていた。
食堂の料理が安くて美味しいと、常連のお婆ちゃんが教えてくれた。
お風呂に入って休憩して、お昼を食べてから帰るのだとか。
いつか時間のあるときに行って、のんびりと過ごしてみたいなと思う。

訪問日:2017年9月2日

佐久山温泉 きみのゆ
場所 大田原市佐久山2508
料金 大人620円 子供310円
 ※17:00以降は大人520円
時間 10:00~22:00 受付21:00まで




お食事 温泉処 いやさか

1DSCN0302.jpg

昨日、帰省からのUターン中に、お食事温泉処いやさかに寄ってきた。
場所は、東北自動車道矢吹ICから車で10分程度のところ。

1DSCN0299.jpg

いやさかは、食事をすればただで温泉に入ることができる。
巣郷のでめ金食堂や平泉のそば庵しずか亭と違うのは、食事をしなくても350円を払うと温泉に入ることができる点。
到着がちょうど夕食時と重なったため、お店の表と裏にある駐車場は満杯。
何とか駐車スペースを見つけて車を停めてお店に向かう。
建物は予想をはるかに超えて大きく、1階にはテーブル席といくつかの座敷があり、2階では宴会を行っているようだ。
テーブル席の隅っこが空いていたのでとりあえず陣取ることにする。
お風呂は、食事の前でも後でも構わないとのことだったが、最初に食事をすることに。

2DSCN0307.jpg

私が注文したのは、チキンカツ定食(1,000円)。
おかずもご飯もボリュームがあり、全部食べるのが大変。

2DSCN0309.jpg

連れは、サラダうどんを注文(900円)。
特大のどんぶりにうどんとサラダが大盛。
ニンニクチップがたくさん入っていて、元気もりもり。
予想していたサラダうどんとはまったく別物だった。

3DSCN0344.jpg

食事が終わり、帳場で会計を済ませて、お風呂に向かう。
お風呂には帳場から右の廊下を進んでいく。
ここに貴重品ロッカー(100円リターン式)がある。

3DSCN0352.jpg

食事をせずにお風呂に入る場合には、建物の右手にある別の玄関から中に入る。
靴を脱いでそのまま進むと帳場があるので、そこで入浴料を払うようになっている。

4DSCN0342.jpg

お風呂には、玄関前のロビーから青いビニールの屋根が掛けられた渡り廊下を奥に進んでいく。

4DSCN0333.jpg

扉を開けると、右側に女湯があり、その奥に男湯がある。

5DSCN0328.jpg

脱衣所は、棚と籠のみのシンプルな造り。

5DSCN0330.jpg

洗面台もあるが、全体的にちょっと鄙びた感がある。

6DSCN0326.jpg

浴室には大小2つの浴槽がある。
右側の浴槽は小さくて浅くて、1人サイズ。
左は5人サイズで、深さは普通。
湯温はどちらも適温。

6DSCN0316.jpg

塩ビのパイプから両方の浴槽にドバドバとお湯が注がれている。
泉質は、アルカリ性の単純泉でPH9.2。
色は少し黄色がかって見えるがほぼ無色で透明。
匂いは、微アブラ臭と微タマゴ臭。
浴感はヌルヌル・スベスベ。
これほどのヌルヌルは滅多に出会えない。

6DSCN0318.jpg

源泉掛け流しで、浴槽の縁からは絶えずお湯が溢れ出している。

6DSCN0322.jpg

洗い場は4箇所あり、温泉シャワーとカランからの水。
シャワーのお湯は源泉そのもので、素晴らしい香りに包まれ、ローションでコーティングされたかのよう。
固形石鹸のみが置かれているので、シャンプー等は持参する必要がある。

浴室から外に出ると露天風呂がある。
浴槽は2段になっていて、手前が普通の深さ、奥は浅くて寝湯ができるようになっている。
泉質は内湯と同じだが、湯温は少し低め。
夜空を眺めながら、まったりとすることができた。

いやさかは、食堂が混んでいる割にお風呂は空いていた。
お湯は最高だったので、時間があるときにのんびりと過ごしてみたいと思う。
仙台の自宅に戻ったのは、午後10時ごろになってしまった。

お食事温泉処 いやさか
場所 西白河郡矢吹町文京町197-1
料金 食事をすれば無料
    お風呂のみは350円
時間 11:00~20:00(食事)
    10:00~21:00(入浴)


プロフィール

frapapa

Author:frapapa
宮城・山形・岩手・福島などのお気に入りの温泉や食事処を紹介していきます!温泉好きの人たちの交流の場になればと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter